Concept

“たべる” と “つくる” で、男木島とつながる

瀬戸内海に浮かぶ「男木島」は、小さいけれど、
自分たちの仕事と暮らしを楽しむ人々が集う豊かな島。

ある人は、家族や島を訪れる人のために料理をつくり
またある人は、古民家を改修してみんなが集まる場所をつくる。
漁師さんたちは80、90歳でも元気に船を出し、
畑の手入れや運動を欠かさない人、パソコンを使う人、
絵を描く人にパンを作る人などなど、
自分のライフワークを複数持ちながら
創造的な日常を過ごす人たちがたくさんいます。

豊かな海と山を兼ね備えた男木島を舞台に、
個性あふれる島民たちと、島外の人とが一緒になって
ご飯を食べたり、何かを考えたり、つくったりする。
そうして継続的な関係を築きながら、
男木島の人々、関わる人々の毎日に
一つ、また一つと新しい楽しみが生まれていくことを目指します。

 

運営者


石部香織( ディレクター / 男木島地域おこし協力隊 / 弁当配達準備中 )

1988年生まれ、東京都出身。早稲田大学卒。
2013年からディレクターとして、Webサイトなどの制作、イベントやワークショップの企画を行う。
2016年、香川県高松市の男木島へ単身移住。料理開発会や、地域新聞制作などを通した
島内外コミュニケーションの促進をはかりつつ、島内へのお弁当配達を企画中。
海山の食材採集と、料理を教わることが趣味。

Instagram: @ogi_kndt
Facebook: @ogitokondatte