女木島料理教室 1月

Blog, ライフワーク

「女木島には、島民が自由に参加できる料理教室がある」と聞いて、朝の便で女木へとやってきました。

会場のコミュニティセンターでは、開始を待つ間、主催の特定非営利活動法人スローライフのみなさんが打ち合わせをしています。

調理室には、女木島でとれたばかりのメイタガレイ。時折、ヒラヒラと動きます。

今日の献立は、カレイの煮付け、蕪蒸し、わけぎのぬた、おまかせ味噌汁。

10時半、島民が集まってきて料理教室が始まりました。
カレイの鱗をとる人、野菜を切る人、というように、自然と各担当に分かれます。

使う素材は、ほとんどが女木でとれたもの。
料理教室の途中、食材を持って来てくれる人がいたりして、急遽メニューに追加されることもしばしばです。

手際よく、あれよあれよという間に料理が完成へと近づいて行きます。

食卓の準備ができました。
みんなが頭も体もフル回転させたあとの、穏やかな時間。
輪になって、美味しい料理を一品一品味わいながら楽しみます。

「お昼ご飯がこんなに豪華だったら、夜はどうしよう」という声が聞こえて来ます。

食べ終わると、再び全員でテキパキとお片づけ。

元どおりになった調理室で少しの間、お茶を飲んでから解散しました。

快活な女木のお母さんたち、主催のみなさんに会いに、また次回も訪れたいです。