しらとり農場の食卓

Blog, 日々

青森県弘前市で自然農を実践している、岩木山麓しらとり農場。その食卓は、家族とスタッフ、それに国籍も様々なボランティア達で囲う、にぎやかな食卓です。 潤子さんが畑で穫れる野菜をたっぷり使って作るご飯は、大きな器に盛られて食卓へ。みんなの分をよそい合って準備ができたら、全員揃っていただきます。 chirashi 農場から採れる野菜を、様々な味付けで手際良く美味しい料理を作ってくれる潤子さん。 「毎日、大人数のご飯をつくるのは大変では?」と聞いたところ、「実家がフリースクールを運営していて、子どもの頃から大人数のスタッフに料理を作っていたの」とのこと。 IMGP8456 パンやジャム、味噌まで手作りしていて、毎日の朝ご飯も楽しみになります。 bread IMGP8328 そんな、料理上手の潤子さんが、ある日の朝ご飯に出してくれたひと品。 青森のスーパーでは一般的に売られている「粉状の昆布」を、刻んだきゅうりに和えて粘り気を出した一品で、青森の家庭でよく作られているといいます。 0927_2_kv2 IMGP8383